ペットフードのロイシンとは?筋肉量維持に欠かせない必須アミノ酸。バリン、イソロイシンと合わせBCAAと呼ばれる

目次1 ロイシンとは1.1 バリン、イソロイシン、ロイシンを合わせてBCAA(Branched Chain Amino Acid / 分岐鎖アミノ酸)2 ロイシンを含む食材3 犬猫とロイシン3.1 高齢では積極的に摂取す […]

ペットフードの鶏ささみについて。犬猫にとって最良の選択肢のひとつ。食の細い犬猫にもおすすめ

目次1 鶏ささみとは2 鶏ささみの栄養素【4kgの猫】の場合2.1 4kgの猫が茹でた鶏ささみを80g食べた場合に1日に必要な栄養素量が満たされる栄養素3 鶏ささみの栄養素【5kgの犬】の場合3.1 5kgの犬が茹でた鶏 […]

ペットフードに使われるさつまいもについて。腸美人と言われ、食物繊維やでんぷん、ヤラピンが豊富な低GI食材

目次1 豊富な栄養素を持つさつまいも2 抗酸化作用を持つポリフェノールやアントシアニン3 血糖値上昇の速度を表すGI値が低い食材4 さつまいもにしか含まれていないヤラピン5 じゃがいもと比較されるさつまいも6 ペットフー […]

ペットフードのビタミンKについて。K7まで7種類あり、血液凝固、骨粗鬆症や心臓病リスク低減などに必要な栄養素

目次1 ビタミンKとは2 ビタミンK1(フィロキノン)3 ビタミンK2(メナキノン)4 ビタミンK3(メナジオン)4.1 飼料用添加物として使用されている4.2 ペットフードの添加物としても使用される5 AAFCOの基準 […]

ペットフードの粗悪品とは?製造国や添加物、原材料で区別されるものではなく、どういった体制で製造されるかが重要

目次1 ペットフードの粗悪品とは2 添加物を使用しているペットフードは粗悪品か3 4Dミートを使用しているペットフードは粗悪品か3.1 4Dミートの使用は今までなかったのか3.1.1 海外の例3.1.2 日本国内の例3. […]

ペットフードのクエン酸について。pH調整、保存料の効果向上、嗜好性向上に使われる酸味料

目次1 クエン酸とは2 クエン酸回路3 クエン酸の効果4 クエン酸は体内でアルカリ性になる5 クエン酸の摂取量について6 ペットフードにおけるクエン酸7 まとめ クエン酸とは クエン酸(citric acid)はヒドロキ […]

ペットフードのビタミンAについて。視覚や粘膜、骨や皮膚、抵抗力などに影響するビタミン!犬は過剰症に注意

目次1 ビタミンAとは2 ビタミンAの働きは?3 ビタミンAの吸収と輸送3.1 犬の場合3.2 猫の場合4 ビタミンAの主な機能、欠乏症4.1 ビタミンAの過剰摂取による中毒5 ビタミンAの摂取量について5.1 AAFC […]

ペットフードのビタミンDについて。皮膚で合成でき、骨等の成長、筋肉、脂質の代謝などに関係する

目次1 ビタミンDとは1.1 ビタミンDの産生と代謝1.2 プロビタミンD3はコレステロールに戻りやすい1.3 ビタミンDはキャットフード、ドッグフードからも摂取が必要1.4 ビタミンDの働きは?2 ビタミンDの摂取量に […]

ロシアのウクライナ侵攻におけるペットフードへの影響について。物価や配送状況など

目次1 戦争によるペットフード価格への影響1.1 コロナウイルスの蔓延から上がり続ける物価1.1.1 コロナウイルスの2年間で大幅に原価上昇1.1.2 ロシアのウクライナ侵攻で更に大幅に上昇1.2 運送費用の上昇1.2. […]

LESSON レッスン

LESSON キャットフードについて LESSON ドッグフードについて

自分で作りたい方はこちら

ペットレシピ.jp

最近の記事

  1. キャットフードのアラキドン酸について。皮膚被毛、腎機能と関連し、特にシニアは摂取推奨の必須脂肪酸

  2. ペットフードのアルギニンとは?癌の成長を妨げる、アンモニアを尿素に変換、血管拡張などの働きがある

  3. ペットフードのヒスチジンとは?神経伝達物質などの前駆体となる必要不可欠なアミノ酸

スギさん

新婚さんで妊娠中。子どもができたことをきっかけに家族の健康について考え、10歳を超えた愛犬愛猫の健康も考えるようになった。現在犬猫の食事について勉強中!

エノおじさん

10匹以上の猫を飼っているお酒が好きな元気なおじさん。大量のキャットフードを購入することもあり、安価でありながら安全なキャットフードを探している。
TOP