ガラクトオリゴ糖で猫の腎臓負荷を軽減できる?腎臓の健康維持に新しい可能性

ガラクトオリゴ糖とは

ガラクトオリゴ糖とは難消化性オリゴ糖の一種で、大腸まで届いてビフィズス菌の増殖を促進する、人用ではヤクルトなどで有名なプレバイオティクスのひとつです。

主に人の場合はビフィズス菌など、猫の場合は腸球菌(エンテロコッカス属)が効果的であると言われています。

しかしガラクトオリゴ糖が猫の体内環境に変化を与えることがわかってきました。

キャットフードの乳酸菌の効果について。猫は乳酸菌を取り過ぎても下痢にならない?猫への乳酸菌の働きや種類を紹介

猫とガラクトオリゴ糖の試験結果

一般家庭で飼養される猫25匹を対象に、0.5g/日を8週間与えた場合、4週で糞便中の酢酸、プロピオン酸、酪酸の増加、8週でビフィドバクテリアシエの増加、8週と12週(接種終了後)で血清中フェニル硫酸が低下を示した。

病原体の増殖を阻害するプロピオン酸や酢酸の増加

ビフィドバクテリアシエが増加したことによって、ビフィドバクテリアシがガラクトオリゴ糖を利用して酢酸をプロピオン酸、酪酸を産生したと考えられます。

プロピオン酸、酢酸は病原体の増殖阻害や粘膜免疫の維持、免疫調整などの健康維持に重要な役割を果たすと言われ、ガラクトオリゴ糖を摂取することで有益な変化が起こっていると捉えることができます。

尿毒素の減少による腎臓負荷の軽減

本研究によって腸内環境の変化によって血中尿毒素の低下を起こしたと考えられます。

尿毒素の蓄積は腎臓に負荷を与えるため、ガラクトオリゴ糖の摂取によって腸内細菌叢に変化を与え、尿毒素の減少することによって腎臓の負荷軽減が期待されます。

参考:一般家庭で飼養される健康なネコに対するガラクトオリゴ糖の機能性評価

キャットフードとガラクトオリゴ糖

ペットフードにはマンナンオリゴ糖が使われることが多いように思いますが、ガラクトオリゴ糖も使われます。ウェットフードでは特に多いかもしれません。

ガラクトオリゴ糖の入ったおやつのウェットフードを与えてみるというのもひとつの食育に繋がるかもしれませんね。

ただ乳酸菌は多く与えるとお腹を緩くする可能性がありますので、適度に与えてみると良いと思います。

キャットフード・ドッグフードに使われているマンナンオリゴ糖(MOS)とは?食物繊維として活躍するプレバイオティクス

関連記事

成犬用総合栄養食フレッシュフード

ウィリアムドッグフードフレッシュ<総合栄養食>|ペトレピフーズ

LESSON レッスン

LESSON キャットフードについて LESSON ドッグフードについて

自分で作りたい方はこちら

ペットレシピ.jp

最近の記事

  1. ガラクトオリゴ糖で猫の腎臓負荷を軽減できる?腎臓の健康維持に新しい可能性

  2. シニア向けキャットフードはタンパク質が少ないという認識は誤り。%と給与量からタンパク質供給量を計算してください

  3. グレインフリードッグフードと犬の拡張型心筋症(DCM)は関係しない。むしろ健康に寄与する可能性あり

インスタグラム

スギさん

新婚さんで妊娠中。子どもができたことをきっかけに家族の健康について考え、10歳を超えた愛犬愛猫の健康も考えるようになった。現在犬猫の食事について勉強中!

エノおじさん

10匹以上の猫を飼っているお酒が好きな元気なおじさん。大量のキャットフードを購入することもあり、安価でありながら安全なキャットフードを探している。
TOP