【こんなフードが欲しかった】ウィリアムドッグフードフレッシュ<低カロリー>とは?ダイエットやトッピングなどいつでも使える万能フード!

ウィリアムドッグフードフレッシュ<低カロリー>

ウィリアムドッグフードフレッシュ<低カロリー>

ご購入はこちらから

ここ数年フレッシュペットフードが広がっています。価格もそれなりにしますのでまだ試してみたことがない人も多いと思います。

私が開発、販売しているドッグフードはドライフードのウィリアムドッグフード1種類のみでしたが、それに合わせたトッピングや、ダイエットなどに使えるフードがあればいいのにと思っていましたので、作ってみることにしました!

内容量126g
原産国日本
原材料鶏ささみ肉、牛レバー、かぼちゃ、干しえび、乾燥きくらげ、真昆布、亜鉛酵母、ビタミンD酵母、マンガン酵母、カルシウム、鉄
1袋中の栄養素量たんぱく質 20.8g、脂質 1.5g、食物繊維 1.5g、灰分 2.1g、水分 92.2g
代謝エネルギー約132kcal/126g
単品価格3,300円(税込)/6袋セット
定期価格5,940円(税込)/12袋セット
※単品価格の10%オフ

ダイエット、体重管理に

ウィリアムドッグフードフレッシュ<低カロリー>は総合栄養食の基準から低カロリー、低脂質、低リノール酸だけを低く抑えた食事で、ダイエットや体重管理にも非常に向いている栄養設計です。

トッピング、おやつに

低カロリー低脂質を生かしてドライフードのトッピングやおやつにも使え、たんぱく質補給にもぴったり。

スギさん
スギさん

冷凍庫にストックしておけばいつでも使いやすい仕様で作られていますね!

ウィリアムドッグフードフレッシュ<低カロリー>

酵母配合、善玉菌を増えやすくして腸内細菌叢を整える

酵母

食品である酵母をしっかり配合しました。酵母は糖質の吸収を抑制すると共に、食物繊維として腸内に善玉菌が増えやすくします。

結果的に腸内細菌叢を整え、健康な便通を実現します。

低カロリー、低脂質に加え、酵母を配合することで体重管理としても、おやつとしてもより使いやすくなっています。

ドライフードにトッピングするだけでも食物繊維を摂ることができ、ドライフードだけでは得られない健康配慮ができます。

消化吸収率の高い食材を使用

鶏ささみ牛レバー

総量の大半に鶏ささみ、牛レバーを使用。犬にとって有益な動物性たんぱく質やビタミンを含み、酵母と合わせて消化吸収に配慮しています。

特に鶏ささみは低脂質高たんぱく質で人の筋肉トレーニングにもよく使用されるもの。犬にとっても最良の食材のうちのひとつです。

牛レバーはビタミンAや鉄分、葉酸を含み、限られた原材料からは得られにくい栄養素がしっかり含まれています。またその野性味のある味も犬にとっては効果的。下処理は行いますが行いすぎないようにして野性味を残して調理しています。

抗酸化作用を持つアスタキサンチン

干しえび

干しえびにはアスタキサンチンが大変豊富です。アスタキサンチンのカロテノイドの一種です。

アスタキサンチンは、天然に存在するカロテノイド(色素化合物)であり、赤い色を持つ成分です。主に海洋の微細藻類や魚介類、甲殻類、サケなどの魚に含まれています。

アスタキサンチンは、強力な抗酸化物質として知られており、体内の活性酸素種(フリーラジカル)と反応して細胞や組織を保護する働きがあります。これにより、アスタキサンチンは様々な健康効果をもたらすとされています。

アスタキサンチンの健康効果

具体的な健康効果としては、以下のようなものが報告されています。

  • 眼の健康:アスタキサンチンは、目の健康をサポートするために役立つとされています。眼球組織への酸化ストレスを軽減し、加齢黄斑変性や眼精疲労の症状を改善する可能性があります。
  • 皮膚の健康:アスタキサンチンは、肌の保湿性を高め、シワやシミの形成を防ぐとされています。紫外線による皮膚のダメージから守る効果も期待されています。
  • 関節の健康:アスタキサンチンは、関節炎や関節の痛みを軽減する効果があるとされています。炎症を抑制する作用や関節の機能改善に寄与する可能性があります。

アスタキサンチンは、サプリメントや健康食品として市販されているほか、一部の食品や化粧品にも添加されています。ただし犬猫の栄養という意味ではアスタキサンチンを添加するということではなく、原材料に元から含まれる栄養素を摂取するようにした方がよいでしょう。

乾燥きくらげのビタミンD

きくらげ

キクラゲ(学名: Auricularia auricula-judae)は、キノコの一種です。ビタミンDを含む食材の中でもトップクラスなのが乾燥きくらげです。ビタミンD最強食材とも言えます。

ビタミンDは通常、日光によって皮膚が合成されますが、キクラゲは日光に曝されることなく、自らビタミンDを含むことができる特別なキノコです。

ビタミンDはカルシウムの吸収に重要な役割を果たし、骨や歯の健康維持に欠かせない栄養素です。キクラゲは他の食材と組み合わせることで、カルシウムの吸収を助けることも期待できます。

ビタミンDは歳を取るほど摂取量を増やしたい

ビタミンDは骨折予防にも効果が期待され、人間でも年齢を重ねるほどに摂取量を増やした方が良いと言われています。

高齢犬では血中のビタミンD濃度が不足している犬が1割以上いると言われ、低下すると筋肉も衰えが見られるとのことで日光に当たる以外にも適度に摂取することが大切です。

ペットフードでは配合できる量が限られていますので、ウィリアムドッグフードフレッシュ<低カロリー>ではビタミンD最強食材とも言われる乾燥きくらげを使用し、幅広い年齢の犬に合わせています。

ビタミンD酵母配合

原材料からだけだと摂取しにくいビタミンDはビタミンD酵母をプラスで配合することでより効率的に摂取が可能になりました。

ヨウ素供給源の真昆布

真昆布ヨウ素の大切な供給源に海藻があります。昆布自体は非常に栄養豊富な食品で海の野菜と呼ばれるほど。

かぼちゃとの食べ合わせがよく、人の場合は気管支炎の解消、咳を抑えたり、むくみを取ったりすると言われています。

スギさん
スギさん

グルタミン酸という旨味成分を含んでいますね!

考えられた食べ合わせ

ミネラル

干しえび鶏ささみかぼちゃきくらげ

干しえびのミネラルをしっかり摂取するためにはビタミンKが豊富な鶏肉やかぼちゃ、ビタミンDが豊富なきくらげと一緒に食べるのがおすすめ。

アスタキサンチン

干しえび牛レバーアスタキサンチンは脂溶性なので吸収を考慮して鶏ささみ、牛レバーと合わせています。

鉄分

牛レバーかぼちゃ牛レバーに含まれる鉄分、ビタミン、たんぱく質。ビタミンCが豊富なかぼちゃと合わせることで鉄分の吸収がアップ。

食物繊維

酵母全体の消化吸収がスムーズに行われるように糖質の吸収を抑制すると共に、食物繊維として腸内に善玉菌が増えやすくする酵母。

色々な使い方ができるウィリアムドッグフードフレッシュ<低カロリー>

いつでも冷凍庫に保存しておけばここぞという時に使いやすい設計です。

ダイエット、体重管理、低カロリー、低糖質、トッピング、おやつ、水分補給、味変など好きな使い方ができる冷凍フレッシュフードはドライフードや他フレッシュフードと一緒にお使いいただくこともでき、使い方が大変自由な仕様となっています。

愛犬の食の楽しみを増やしつつ、是非この商品から毎日の健康管理にも気を使ってあげてください!

ご購入はこちらから

関連記事

成犬用総合栄養食フレッシュフード

ウィリアムドッグフードフレッシュ<総合栄養食>|ペトレピフーズ

LESSON レッスン

LESSON キャットフードについて LESSON ドッグフードについて

自分で作りたい方はこちら

ペットレシピ.jp

最近の記事

  1. キャットフード、ドッグフードに使われるシナモンについて。含有成分のクマリンが有毒?クマリンには血液や粘膜保護作用や肝臓保護効果も。

  2. 犬猫と住環境について。ハウスダストやシックハウス症候群、化学物質の影響や注意すべきこと

  3. 愛犬愛猫の定期健診のススメ。検査内容、費用を紹介。早期発見で健康寿命の延伸を

インスタグラム

スギさん

新婚さんで妊娠中。子どもができたことをきっかけに家族の健康について考え、10歳を超えた愛犬愛猫の健康も考えるようになった。現在犬猫の食事について勉強中!

エノおじさん

10匹以上の猫を飼っているお酒が好きな元気なおじさん。大量のキャットフードを購入することもあり、安価でありながら安全なキャットフードを探している。
TOP