シニア向けキャットフードはタンパク質が少ないという認識は誤り。%と給与量からタンパク質供給量を計算してください

ペットフードに記載のタンパク質量について 弊社ロニーキャットフード、エリザベスキャットフードのタンパク質量は実測値で36%です。 これをみてシニアには「タンパク質が多過ぎるのではないか」というお問い合わせをいただきました […]

グレインフリードッグフードと犬の拡張型心筋症(DCM)は関係しない。むしろ健康に寄与する可能性あり

植物性タンパク質と拡張型心筋症(DCM)の関連について 2018年7月にFDAがエンドウ豆、レンズ豆、その他のマメ科植物の種子、またはジャガイモを主成分として含むドッグフードや、穀物の代わりにこれらの食材が多く使われやす […]

昆虫ペットフードは受け入れられるか?ミズアブの成分が犬猫の口内環境改善に効果あり。サプリなら可能性があるかも

アメリカミズアブのフードが犬の口臭を減らす 昨年の日本で、アメリカミズアブ幼虫の腸内細菌叢を含んだ飼育残渣を食品廃棄物に加えることで、食品廃棄物が発生する臭気を抑える技術を開発したという研究がありました。ミズアブの飼育残 […]

犬猫の尿路結石対策にゼオライトを活用しよう!飲み水からカルシウムやマグネシウムを除去する方法

犬猫の尿路結石対策をお探しの方 猫は食べものなどに問題がなくても、多くの猫に尿路結石に関する諸症状がみられます。 原因があるケースもありますが、ほとんどの場合普段の生活には問題がなく、猫自体が元々水を多く取らない生き物で […]

キャットフード、ドッグフードに使われるシナモンについて。含有成分のクマリンが有毒?クマリンには血液や粘膜保護作用や肝臓保護効果も。

シナモンとは 犬や猫にシナモンを与えてはいけないでしょうかという質問がありました。 シナモンとはクスノキ科ニッケイ属の樹木の樹皮を乾燥してできる香辛料です。樹木の皮を乾燥させて細長く巻いたものがシナモンスティックで、粉状 […]

犬猫と住環境について。ハウスダストやシックハウス症候群、化学物質の影響や注意すべきこと

必ずしも食べ物だけが犬猫の体調を左右するわけではないという事実を知っておこう 愛する犬猫が湿疹が治らない、具合が悪そうなど様々な症状を訴えた時、最初に気になる部分は食事です。アレルギーなどが考えられますのでキャットフード […]

愛犬愛猫の定期健診のススメ。検査内容、費用を紹介。早期発見で健康寿命の延伸を

愛犬愛猫の定期健診のススメ 犬猫の健康診断は1年に1回以上は受けることが推奨されています。中高齢期以降は半年に1回程度が理想的です。 犬の場合は犬種毎の差が大きいですのでそれ以上の健診を必要とする場合もあります。 猫の場 […]

犬猫の適正体重は?計算の仕方を紹介。ボディコンディションスコアと合わせて確認しよう

犬猫の適正体重とは 給与量について関心のある方が増えてきたようです。そこで愛猫愛犬の適正体重の求め方についての話が多くなってきましたのでここにまとめてみたいと思います。 適正体重とは、犬猫の体の作りに対して適正な体重をさ […]

ペットフードは給与量通りに与えてはいけない?愛犬・愛猫に合った適正給与量を探そう

ペットフードの給与量は当てにならない? ペットフードに記載の給与量は種類や個体差は検討されていません。 猫種も年齢も環境も性質も違う猫全てに同様の条件が当てはまるということは非常に難しいことです。また全く同じ年齢、体重で […]

成犬用総合栄養食フレッシュフード

ウィリアムドッグフードフレッシュ<総合栄養食>|ペトレピフーズ

LESSON レッスン

LESSON キャットフードについて LESSON ドッグフードについて

自分で作りたい方はこちら

ペットレシピ.jp

最近の記事

  1. シニア向けキャットフードはタンパク質が少ないという認識は誤り。%と給与量からタンパク質供給量を計算してください

  2. グレインフリードッグフードと犬の拡張型心筋症(DCM)は関係しない。むしろ健康に寄与する可能性あり

  3. 昆虫ペットフードは受け入れられるか?ミズアブの成分が犬猫の口内環境改善に効果あり。サプリなら可能性があるかも

インスタグラム

スギさん

新婚さんで妊娠中。子どもができたことをきっかけに家族の健康について考え、10歳を超えた愛犬愛猫の健康も考えるようになった。現在犬猫の食事について勉強中!

エノおじさん

10匹以上の猫を飼っているお酒が好きな元気なおじさん。大量のキャットフードを購入することもあり、安価でありながら安全なキャットフードを探している。
TOP