ドッグフード、キャットフードのDHAとEPAについて。犬猫の必須脂肪酸で脳や目の健康、サラサラ血に。

DHA・EPAとは

DHAはドコサヘキサエン酸の略で、EPAはエイコサペンタエン酸の略で、それぞれオメガ3脂肪酸(n-3系多価不飽和脂肪酸)に属しており、必須脂肪酸です。

魚以外で豊富に含まれている食品が少なく、意識しないと摂取しにくい栄養素で、犬用、猫用のペットフードでもフィッシュオイル(魚油)を使用することが多いです。

人もそうですが、犬猫でも取りにくい栄養素なので、日頃からDHA・EPAの摂取を心がけてもよいと思います。

DHA・EPA共に青魚や脂肪の多い魚に多く含まれる

DHA・EPAは青魚や脂肪が多い魚などに多く含まれています。

100g当たりEPA(mg)DHA(mg)
くろまぐろ 天然 脂身 生14003200
※くろまぐろ 天然 赤身 生27120
ぶり 成魚 生9401700
かたくちいわし 生1100770
まさば 生690970
銀鮭 養殖 生310890
まあじ 皮つき 生300570
しろさけ 生240460
まだい 天然 生300610

DHA・EPAが含まれる魚以外の食品

脂肪が多い魚に多く含まれるように肉の脂身にもDHAはよく含まれています。

100g当たりEPA(mg)DHA(mg)
くじら 本皮 生43003400
くじら うねす 生22001800
おきあみ 生350200
おきあみ ゆで320200
すっぽん 生31860
牛 ひき肉 生3287
※牛 ひき肉 焼き00
豚レバー 生1382
鶏卵 全卵 生172
豚肩ロース 脂身 生063
豚もも 脂身 生049
豚ロース 脂身 生041
スギさん
スギさん

脂身にも多く含まれているんですね!

DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)の効果

DHAの効果

DHAは脳や目の機能に関係しています。このためDHAの摂取は進められるべきものだと言えます。脳や神経の発達にも必須であるとされています。認知機能の低下を抑制する可能性も言われています。しかし疾患の予防や治療という点ではその効果を裏付ける根拠は多くありませんので間違えないようにしましょう。

スギさん
スギさん

健康維持と疾患の予防・治療は別、と。

その他にも中性脂肪やコレステロールの低下も認められてきています。

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸のバランスなども影響しますが、アレルギーやアトピーにも効果的であると考えられています。

EPAの効果

中性脂肪の低下、血栓を出来にくくする、高血圧予防、悪玉コレステロールを減らすといったドロドロ血をイメージするようなものを抑制、低下する働きがあります。

こちらもオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸のバランスなども影響しますが、アレルギーやアトピーにも効果的であると考えられています。

以下のようにオメガ3脂肪酸、魚油には多数の臨床例があり、その効果が示されています。猫に対する臨床例が見つけられませんでしたが、大きく違いはないものと思います。

犬のアトピー性皮膚炎の治療でステロイドを減らすことに成功

アトピー性皮膚炎の犬60頭を対象にした臨床試験でプレドニゾン錠剤(ステロイド)に加えて、ルリジサ種子油と魚油の組み合わせを摂取させた犬と、プラセボの犬の2グループで12週間比較した結果、64日目から有意にステロイドの使用が減り、試験終了の84日目には差が大きくなりました。

参考:A randomized, controlled study to evaluate the steroid sparing effect of essential fatty acid supplementation in the treatment of canine atopic dermatitis

海産物を多く摂取する人は心疾患で死亡する可能性が低い

犬の場合でも心臓病の犬の血にはDHA、EPAが少ないことがわかっています。このため魚油を補給することで心疾患の各症状に改善が見られたという報告があります。

心不全の犬28匹と健康な5匹で測定されました。心不全の犬は魚油もしくはプラセボで8週間の試験が行われました。健康な犬に比べてアラキドン酸、エイコサペンタエン酸、ドコサヘキサエン酸の濃度は低かったものの、魚油を補給されていた心不全の犬では悪液質を改善していました。しかし魚油補給の犬とプラセボの犬では食事の摂取量には違いはありませんでした。

参考:Nutritional Alterations and the Effect of Fish Oil Supplementation in Dogs with Heart Failure

魚油やアルギニン、ドキソルビシンがリンパ腫の犬の寛解期間、生存期間を延ばす

リンパ腫の32匹の犬を魚油とアルギニンを添加した食事か、大豆油を添加した食事に分けて与えました。結果的に魚油とアルギニンを添加したグループは溶解期間と生存期間が増加しました。

参考:Effect of fish oil, arginine, and doxorubicin chemotherapy on remission and survival time for dogs with lymphoma: a double-blind, randomized placebo-controlled study

DHAやEPAを含む海産物を食べることとサプリで摂取することは違う

厚生労働省による総合医療に係る情報発信等推進事業ejimのサイトが大変参考になります。

現時点ではDHAやEPAを含む海産物を摂取することは健康に良いことと言えるが、オメガ3脂肪酸サプリメントが効果的かは不明であるという結論にあります。

参考:オメガ3脂肪酸について知っておくべき7つのこと

しかし上記のように魚油などでも臨床結果が出ているように、サプリであっても摂取することは有益ではないかと予想できます。

ドッグフード、キャットフードではフィッシュオイルや魚原材料を使う

ドッグフードやキャットフードの場合、原材料が魚系のペットフードはナトリウムなどのミネラルが多くなりがちという点もありますが、DHAやEPAにおいては得意な分野です。特に猫用の猫缶などウェットフードでは豊富に入っている可能性も高いと思います。

チキンの場合はそのままではほとんどDHA、EPAが含まれていませんので他の原材料でプラスする必要があります。

このため多くのケースではフィッシュオイル(魚油)を使用し、他にはおきあみ、えび、肉の脂肪分などで補います。サプリで追加することも可能です。

ただしフィッシュオイルは生臭さや風味の劣化が最大の懸念点です。これらを改善する研究も進められています。そしてフィッシュオイルの酸化防止にトコフェロールやローズマリーなどが使われています。

補完的に植物性のオメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)も使用する

海洋性由来のオメガ3脂肪酸は酸化しやすいため、それを補完するように植物性のオメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)も使用します。

α-リノレン酸は亜麻仁油やえごま油、西洋アブラナなどに含まれています。

ただし犬は体内でα-リノレン酸をDHA・EPAへ変換できますが、猫は苦手なため、可能な限り動物性のオメガ3脂肪酸を配合するようにします。

以下はペットフードにおけるオメガ3脂肪酸については、犬でも大変役に立つと思いますので是非セットで読むようにしてください。

猫とα-リノレン酸(オメガ3脂肪酸)の関係について。猫はα-リノレン酸をDHA、EPAに変換するのが苦手!?

関連記事

LESSON レッスン

LESSON キャットフードについて LESSON ドッグフードについて

自分で作りたい方はこちら

ペットレシピ.jp

最近の記事

  1. ペットフードのコリンについて。合成できるが体外からの摂取も必要。手作りペットフードでは不足しがちな栄養素

  2. 犬猫の目の健康について。目やに、涙目、涙やけ。ペットフード(たんぱく質)との関係を知ろう

  3. ドッグフード、キャットフードのDHAとEPAについて。犬猫の必須脂肪酸で脳や目の健康、サラサラ血に。

インスタグラム

スギさん

新婚さんで妊娠中。子どもができたことをきっかけに家族の健康について考え、10歳を超えた愛犬愛猫の健康も考えるようになった。現在犬猫の食事について勉強中!

エノおじさん

10匹以上の猫を飼っているお酒が好きな元気なおじさん。大量のキャットフードを購入することもあり、安価でありながら安全なキャットフードを探している。
TOP