食べ物を判断する猫の嗅覚の機能と役割!嗅覚と鋤鼻器、フレーメン反応について

猫の鼻の機能

猫の鼻は基本的には人間と同じ機能を持っています。

呼吸器として空気の温度、湿度を調整し、ウイルスやゴミが体内に入らないようにするフィルターのような機能があります。

また匂いを判断する器官として判断、識別します。

猫は鼻で温度を感知する

人間とは少し違う点として、猫の鼻には温度を察知する機能があります0.5度の違いも区別できるとされ、口に含む前に鼻で温度を察知し、判断しています。

猫舌の真実

よく熱いものが苦手なことを猫舌といいますが、猫は食べる前に鼻で温度を判断しているため、熱ければ食べません。このため猫に猫舌は当てはまりません。

猫は食べ物かを嗅覚で判断する

猫は好き嫌いは味覚で判断しますが、その前段階の食べ物かどうかを嗅覚で判断しています。このため匂いの強いものを好む傾向にあります。

猫は食べ物だけでなく、なわばりや相手、人物、持ち物など多くのものを匂いから判断していて、この情報から次の行動を判断しています。

生まれたばかりの子猫は目が見えなくても匂いで巣に戻れるとされ、猫にとって匂いがどれだけ大切かがわかります。

嗅覚

匂いを感じる嗅受容器は鼻の奥の突き当たり、嗅上皮にあります。この嗅上皮を覆う粘膜に溶け込んだ物質のみを反応し、匂いを判断します。

この嗅上皮の面積は人の5~10倍あり、40~50万種類の匂いを認識、判別するほど敏感です。

スギさん
スギさん

40~50万種類も匂いがあるんですね…

猫は人の5~10倍ですが、犬は40倍ともいわれています。警察犬が匂いで判断できるのは優れた嗅上皮を持っているからです。

鋤鼻器

鋤鼻器はヤコブソン器官ともいい、鼻とは違い、上顎の門歯の後ろ(口内上部)にあります。このため嗅上皮とは違った神経路で嗅覚皮質に届けています。

よく猫が変な匂いを嗅いだ時に口を開けてホワーっとした顔をするフレーメン反応を示しますが、この時が鋤鼻器への導管を開いて感知している状態です。

スギさん
スギさん

アホみたいな顔していて可愛いですよね!笑

フレーメン反応は猫でよく見るかもしれませんが、ほとんどの動物で共通のしぐさです。

猫にとって生死を分ける嗅覚

このように猫にとって判断の材料となる匂いを判別する嗅覚は生死をわける重要な器官です。

スギさん
スギさん

もし嗅覚を失ったら生きていけないかもしれませんね。

視力、聴力を失っても危険はあっても生きていけるかもしれません。味覚がなければ食べてくれるかはわかりませんが、まだなんとかなる可能性はあります。

しかし嗅覚を失うとなわばりや食べ物、人など全ての判断がきかなくなり、最も重要な器官のひとつとも言えるかもしれませんね。

まとめ

  • 嗅覚は様々なものを判断する情報源
  • 鼻で0.5度差位まで温度を判断できる
  • 嗅覚で食べられるものかを判断している
  • 猫は嗅覚と鋤鼻器で匂いを判断する
  • 嗅覚は人の5~10倍
スギさん
スギさん

嗅覚は猫にとって生きる上で最も大切な器官といえる感覚であることがわかりました。鼻で温度を判断できるというのも驚きです。反面、猫舌が猫には当てはまらないということも驚きました。

フレーメン反応の理由もわかって嗅覚について理解が深まった気がします。

一緒に読みたい記事:

猫の味覚について。猫は食べれるかは嗅覚、好き嫌いは味覚で判断している!

関連記事

LESSON レッスン

LESSON キャットフードについて LESSON ドッグフードについて

最近の記事

  1. ペットフードに使われるさつまいもについて。腸美人と言われ、食物繊維やでんぷん、ヤラピンが豊富な低GI食材

  2. ペットフードのビタミンKについて。K7まで7種類あり、血液凝固、骨粗鬆症や心臓病リスク低減などに必要な栄養素

  3. ペットフードの粗悪品とは?製造国や添加物、原材料で区別されるものではなく、どういった体制で製造されるかが重要

インスタグラム

スギさん

新婚さんで妊娠中。子どもができたことをきっかけに家族の健康について考え、10歳を超えた愛犬愛猫の健康も考えるようになった。現在犬猫の食事について勉強中!

エノおじさん

10匹以上の猫を飼っているお酒が好きな元気なおじさん。大量のキャットフードを購入することもあり、安価でありながら安全なキャットフードを探している。
TOP