エリザベスキャットフード公式の口コミとマッサンによる解説!

目次

マッサンオリジナルキャットフード第二弾「エリザベスキャットフード」が完成しました!

エリザベスキャットフード 公式解説

ご購入はこちら

名称エリザベスキャットフード
内容量1.8kg
原産国ベルギー
原材料魚類41%(生サーモン16%、脱水サーモン12%、脱水ニシン12%、サーモンオイル1%)、肉類22.5%(脱水鶏肉15%、鶏脂6%、鶏タンパク質1.5%)、グリンピース、ジャガイモ、サツマイモ、チコリ、ビタミン類(A、E)、ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素)、モンモリロナイト、亜麻仁、マンナンオリゴ糖、ビール酵母、南極オキアミ、リンゴ、ニンジン、アミノ酸類(タウリン)、ビルベリー、カウベリー、ペパーミント、タピオカ、ヒヨコ豆、トマト、シナモン、ムラサキウマゴヤシ、ローズヒップ、カモミール、イラクサ、アニス、フェヌグリーク、マリーゴールド、ユッカシジゲラ、海藻、オレガノ、セージ、マジョラム、タイム、L-カルニチン、クランベリー、スピルリナ、パセリ、ナシ、ブルーベリー、マルベリー、オレンジ
成分分析値粗タンパク質 36%、粗脂肪 16%、粗繊維 4%、粗灰分 8.5%、水分 9%、オメガ6脂肪酸 3.4%、オメガ3脂肪酸 0.7%、カルシウム 1.0%、リン 0.9%、マグネシウム 0.1%、ナトリウム 0.6%
代謝エネルギー約381kcal/100g

あまりの忙しさに自分のキャットフードのご紹介もできないほどバタバタしていました…急いで!とスタッフにせっつかれ、やっとエリザベスキャットフードの紹介ができることになりました(笑)

さて、お待たせしました。ロニーキャットフードに続き、新しい魚ベースのキャットフード、エリザベスキャットフード サーモンが遂に完成しました!

スギさん
スギさん

待ってました!待望の魚のフードですね!

これまたロニーキャットフードから1年半もかかってしまいました…一度作ったのですぐに作れるだろうと高をくくっていたところがありましたが、一筋縄ではいきませんでした(笑)

スギさん
スギさん

そう考えるとロニー構想を始めたときからもう4年半も経っているんですね…

今回はロニーの時と違いスタッフがいますから、私は割と自由に開発に当たることができました。ただ、この開発を進めながらも袋の素材を1から新規開発を行っていたので、それも合わさって時間がかかってしまいました。

スギさん
スギさん

ロニーでリニューアルした袋の素材ですね!それをエリザベスでも使っているんですね。

基本の原材料はロニーと同じ

さて、肝心のエリザベスキャットフードですが、ベースはロニーと変わりません。基本的な原材料はロニーの時に選びましたから、それに合わせて、生サーモン、脱水サーモン、脱水ニシンを選んで使用しました。

素材選びにはそれほど時間がかからなかったので、サンプルはすぐできあがったのですが、ここから一歩こだわり始めると全然進まなくなるんですね…

細部にこだわり始めて時間とコストが急上昇

どんなものでもそうですが、製造スタッフの経験がありますので、概ねこんなところという製品はすぐに出来上がります。そこから細かな部分を詰めていくと、時間もコストもかかります。

結果的にレシピ開発に1年近くかかってしまい、製造、輸入、販売でざっと半年で1年半もかかってしまいました。

スギさん
スギさん

それではエリザベスキャットフード サーモンについて詳しく紹介してもらいたいと思います!

エリザベスキャットフード サーモンの名前の由来

スギさん
スギさん

エリザベスキャットフードって名前の由来はなんですか?

エリザベスはロニー開発のためにヨーロッパを回っていたときに、私たちを背に海を眺めていた猫の名前です。

実は名前を聞いた時はしっかり聞き取れなかったのですが、エリザベスといったように聞こえたので、ロニーの次はエリザベスにすることを決めていました。

海というシチュエーションもあって、それは高貴で凛とした猫に見えました。ある種猫らしく、私が求めていた次のキャットフードのイメージにぴったりだったんです。

スギさん
スギさん

凄い!パッケージからもそのイメージがしっかり伝わってきますし、エリザベスキャットフードの「ひとつ先の贅沢。」というキャッチコピーがぴったりですね。しかも販売サイトの猫もイメージにぴったりです!

魚は非常に原価が高くなります。にも関わらずチキンなど肉類に比べてタンパク質を稼ぐことができないことと、水分をのぞくととても小さくなってしまうので、かなりの量を使わなくてはいけません。

エリザベスキャットフードは生サーモンを16%、脱水サーモンを12%、脱水ニシンを12%、サーモンオイルを1%で合計41%魚由来の原材料を使用しています。

これだけでも「ひとつ先の贅沢。」なわけです。

スギさん
スギさん

とても期待できそうなレシピですね!

エリザベスキャットフードは「全ての猫に求められる最高の食事を」がテーマとなっています。

もちろんロニーと同じ原材料が基本ですから高品質な原材料を厳選し、栄養バランスや消化吸収、食感、匂い、味まで全てにこだわって製造しました。

それでは実際にこだわった部分を解説していきたいと思います。

グレインフリーで魚だけで41%使用

エリザベスキャットフードも穀物を使用しないグレインフリーキャットフードのレシピです。

スギさん
スギさん

ロニーの兄妹ができたようで私も嬉しいです!

生サーモン、ディハイドレイテッドサーモン&ニシンを使用

エリザベスキャットフード サーモンという名にふさわしく、生サーモンとディハイドレイテッド(脱水)サーモン、ディハイドレイテッド(脱水)ニシンをたっぷり使用しています。

ディハイドレイテッドチキンとは?低温でゆっくり脱水して栄養価を保った脱水鶏肉

スギさん
スギさん

今回もまたスペシャルな構成ですね!

ディハイドレイテッド(脱水)は消化吸収率の高さや、本来魚や鶏肉が持っている栄養価をできる限り損なわないように脱水されていますので、今回も脱水素材は生素材を補うように使用しています。

魚の配合量は合計41%(内サーモン29%)。サーモン以外にニシンも使用しました。

スギさん
スギさん

なぜニシンを使用したんですか?

サーモンが多すぎると灰分が増加してしまいますので、どこかでバランスを取らなくてはいけません。今回は魚のレシピがテーマだったので、ニシンをちょうど良く配合することでバランスが取れることを工場スタッフに教えてもらい、使用することにしました。

しかしディハイドレイテッド(脱水)ではニシンが一番高価で、次にサーモン、次に白身魚といった順なので、価格は高くなりました…笑

スギさん
スギさん

ニシンが一番影が薄いのに、一番高いんですか!笑

最初見たときはニシンっているのかな?って思いましたが、実はこういうところも「ひとつ先の贅沢。」なんですね!

ロニーよりも粗脂肪、カロリーが抑えられ、ヘルシーな食事に

こうした魚を主原料にしたことによって粗脂肪、カロリーが抑えられ、ロニーよりも若干ヘルシーな食事になったことがひとつのポイントでもあります。

粗脂肪

  • ロニー:20%
  • エリザベス:16%

カロリー

  • ロニー:410kcal
  • エリザベス:381kcal

粗脂肪、カロリーを抑えても設定給与量はほぼ同じ

そしてポイントがもうひとつ。

粗脂肪とカロリーは抑えられましたが、他成分は整えてありますので、設定給与量はほとんど同じです。粗脂肪、カロリーを抑えても設定給与量が増えては意味がないので、このあたりもうまく作れたかなと思います。

鶏肉も22.5%使用

スギさん
スギさん

脱水鶏肉はなぜ使用したんですか?やっぱりバランスですか?

私も最初は魚だけで作ろうと思ったんです。実はこの辺からレシピ作りに時間がかかった原因がスタートしました。

まず魚を大量に入れたレシピはオメガ3脂肪酸が多くなりすぎ、オメガ6脂肪酸と全くバランスが取れません。これはもう魚だけではどうにもできませんでした。

スギさん
スギさん

やはり…魚系キャットフードってオメガ3脂肪酸が多いフードが多いですよね!

また、ナトリウム量や灰分の調整もなかなか難しく、大まかな原材料は決まったものの、そこからいいバランスを出すことに苦心しました。レシピも最初はパッとできますが、詰めていくと何回もコロコロ作れるわけじゃないですから時間がかかります。

灰分の調整はニシンや芋類で取ることができましたが、全体的に考えると、まだまだ試行錯誤したことはうまくいかず、理想には届きませんでした。

スギさん
スギさん

結構奮闘したことが伝わってきますね…

そこで鶏肉を使うことにしました。これによってかなりの調整がきくことになったのですが、今度は全体のバランスを考えて、野菜やハーブなどの含有量の調整を始めました。

スギさん
スギさん

あのたくさんの原材料をですか?

あまり変えられないのでめちゃくちゃ細かいというわけではないんです。工場スタッフの経験から大まかに調整して目指す値に近づけていきます。

結果、ロニーとほぼ同じ原材料を使っていますが、配合バランスは全く違うものとなりました。

因みに、鶏肉の使用は嗜好性にも一役買っています

結果的には魚だけではなくなりましたが、ロニーのチキンレシピに魚をプラスしたようなよりリッチなレシピとなり、最初のテーマにぴったりの製品を作ることができたと思っています。

猫が食べる可能性のある34種類の野菜、フルーツ、ハーブを配合

これはもうロニーと同じ考え方で配合したものですので、ロニーの紹介を参考にしていただければバッチリかと思います。

肉食食性動物である猫は植物は食べないと考えられがちですが、草食動物の胃の中の植物を積極的に摂取しています。となると猫も一定量の植物を食べるので、生きる上で食べる可能性のある植物を探すことから始めました。

猫は多くの地域にいますので地域ごとに食べる可能性のある植物は変わります。全てを調べることは難しいのでペットフード製造のプロである工場スタッフと相談しながらキャットフードに配合することが可能な植物を選定しました。

結果的に34種類の野菜、フルーツ、ハーブを配合することになりました。

もちろん草食動物から摂取する分だけなので、自然に合わせて配合量はかなり少なく抑えていますが、バランスの良い食事を目指しました。

参考:猫が食べる可能性のある34種類の野菜、フルーツ、ハーブを配合(ロニーキャットフード)

スギさん
スギさん

猫が食べる可能性のある植物と配合実績の多い植物を配合したんですね!

今回はロニーとは主な原材料が全く違いますので、配合バランスはかなり変わりましたが、うまく使えたと思います。

そしてなるべくロニーと同一の原材料を使うことで仕入れがまとまり、少しでも安く作ることができるようにということも考えました。

あまりこだわると原価や開発時間に対する費用もかなりかかってしまうので、できる限り販売価格に乗せないようにするためにはこうしたこともかなり大切だと考えています。

トータル42種類の原材料で魚メインでもバランスを整えた食事に

34種類の野菜、フルーツ、ハーブ以外に8種類の食材を使用、合計42種類の原材料が使われています(栄養添加物含まず)。

スギさん
スギさん

ここでも「ひとつ先の贅沢。」ですね!

※L-カルニチンもアミノ酸類ですが、用途を考えて添加しましたので数に入れています。

魚類41%(生サーモン16%、脱水サーモン12%、脱水ニシン12%、サーモンオイル1%)

肉類22.5%(脱水鶏肉15%、鶏脂6%、鶏タンパク質1.5%)

グリンピースジャガイモサツマイモチコリ、ビタミン類(A、E)、ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素)、モンモリロナイト、亜麻仁、マンナンオリゴ糖、ビール酵母、南極オキアミ、リンゴニンジン、アミノ酸類(タウリン)、ビルベリーカウベリーペパーミントタピオカヒヨコ豆トマトシナモンムラサキウマゴヤシローズヒップカモミールイラクサアニスフェヌグリークマリーゴールドユッカシジゲラ海藻オレガノセージマジョラムタイム、L-カルニチン、クランベリースピルリナパセリナシブルーベリーマルベリーオレンジ

※オレンジ色が34種類の野菜、フルーツ、ハーブ

スギさん
スギさん

L-カルニチンってなんですか?

L-カルニチンはアミノ酸なのですが、脂肪酸からエネルギーを産生するために必要なもので、赤みの肉などに多く含まれています。魚や乳製品にも含まれていますがL-カルニチンを足すことで補完を期待しているといったところです。

飼い主が気になる不使用の原材料

こちらもロニーキャットフードと基本は同じで以下の通りとなっています。

  • 人工保存料不使用
    ※ビタミンE、クエン酸を使用
  • 着色料不使用
  • 香料不使用
  • 遺伝子組み換え食材不使用
  • 中国産原材料不使用
  • 穀物不使用
  • 乾燥肉不使用
    ※生サーモン、脱水サーモン、脱水ニシンを使用
  • 原材料の不明な動物性油脂不使用
    ※サーモンオイル、鶏脂を使用

不明確な原材料は使用しないように工場と相談して原材料の選定、製造方法の検討をしました。

スギさん
スギさん

これはロニーと変わらずとても明確ですね!

ミネラル、多価不飽和脂肪酸のバランス

カルシウム:リン:マグネシウム

ミネラルのバランスとして、カルシウム:リン:マグネシウムのバランスが気になっている方が多いと思います。

カルシウム:リン:マグネシウム=1.0%:0.9%:0.1%

と最良のバランスに設定されています。

オメガ6脂肪酸:オメガ3脂肪酸

多価不飽和脂肪酸のバランスは皮膚被毛にいいとされるバランスに設定しました。

オメガ6脂肪酸:オメガ3脂肪酸=4.85:1

ロニーと同じ安心できる製造環境

工場倉庫

製造環境はロニーキャットフードと同じベルギーの工場で製造しています。

ヨーロッパ最大の工場のひとつで、当然多くのペットフードを製造しています。その安全性の高さからスーパーのオリジナルブランドからマニアックなブランドまで任されて製造されている工場です。

もちろんそれだけの規模の工場なので安全性を示すものとして食品安全管理の規格であるBRC認証、IFS認証を取得しています。これは人間の食品安全の規格です。

参考:安心できる製造環境(ロニーキャットフード)

ロニーキャットフードを作り始めた時からは、最新型の異物除去機に変更したり、ラインを整備することでバージョンアップが図られていますので、体制もより良くなってきています。

この点に関しては今後も改善を重ねていきたいと思います。

スギさん
スギさん

同じ工場でも日々アップグレードを行っているんですね。

充実の内容量1.8kg

ロニーキャットフードでは「1.8kgだから安い」という声もあれば、「1.8kgが多い」という声が聞こえてきました。

そこで量の見直しを行おうかとも思ったのですが、例えばこれが500g減らして1.3kgになったとしても販売価格はほぼ下げられなかったんですよね。

スギさん
スギさん

それはもう削る場所がないということですか?

量を減らしても販売価格は下げられなかった

ロニーキャットフードがもともと工場探しや輸入など全般を私一人で行ったことで中間マージンゼロとし、目一杯値下げをした価格だったので、再検討はしてみたのですが、現在の販売・管理状態から考えますとむしろ内容量を少なくして価格据え置きにした方が適正価格になり、サービス向上を行う予算が確保できるという、値下げどころか値上げした方がいいという結果になってしまいました。

やはり昔から販売されている他社様はうまく内容量の決定や価格付けをされていたと再認識しました。

エリザベスの原価はロニーの1.5倍

エリザベスの場合はもっと悲惨です(笑)

というのも実はエリザベスの原価はロニーの1.5倍するので、単純計算だと1.2kgでロニーとやっと同価格で販売できるという事態でした。

恐らく「量が多い」という意見を頂けた方は、消費しきれないという意味があるかと思いますが「量が減れば価格も下がる」という意味もあったのではと感じていました。

このように内容量だけ減らしても価格が下げられなかったことから、結果的には今が一番安く提供できると考えたことと、そもそも”日本の猫の平均体重の4kgの猫が1ヶ月で食べる量に設定している”という意味をもって1.8kgにしていましたので1.8kgで販売をすることにしました。

今後機会があるごとに内容量、価格を見直し、飼い主様の状況や弊社の体制に照らし合わせ、展開も考えて行きたいと考えています。

エリザベスキャットフードの価格

スギさん
スギさん

肉よりも魚の方がずっとコストが高いとなると販売価格はどうなったんですか?

エリザベスキャットフードの価格(1.8kg)

  • 単品購入:4,500円(税抜)
  • 定期購入:4,050円(税抜)

1.5kg換算の場合

  • 単品購入:3,750円(税抜)
  • 定期購入:3,375円(税抜)

1kg換算の場合

  • 単品購入:2,500円(税抜)
  • 定期購入:2,250円(税抜)

ロニーキャットフードと合わせたかったのですが、上記理由から単品ベース200円だけ加算させていただきました。

ロニーキャットフードはもうこれ以上下げられないという価格に設定しました。

正直なところ、この原材料と製造・輸入・保管・国内輸送コストを考えると私の希望価格としては1kg換算3,000円位、1.8kgなら5,400円位なのですが、その金額では購入に躊躇するかと思いますので、結果的に製造、輸入などの開拓を全て私ひとりでやることで単価コストを私の希望価格から単品価格で約20%、定期価格で約30%下げました。

参考:ロニーキャットフードの価格(ロニーキャットフード)

スギさん
スギさん

原価が1.5倍なのに価格差は200円アップだけなんですか?

おかしいですよね(笑)もちろん原価がそんなに安いわけじゃないですよ。

これはロニーをそういう価格にしてしまったので、エリザベスだけ極端に上げるわけにもいかず、どうしても今の弊社では埋められそうにない金額だけ乗せさせて頂きました。

「求められる食事を。」がエリザベスキャットフードのテーマ

エリザベスキャットフードは「ひとつ先の贅沢。」がキャッチコピーとなっており、テーマは「猫に求められる食事」です。

猫に愛のある食事を”与える”ロニーキャットフードに対して、猫に”求められる”食事を作りたいという気持ちで開発にあたりました。

与えるロニー、求められるエリザベスです。

今まで解説したように、結果的にエリザベスはロニーに魚をプラスしたようなよりリッチな食事にりました。まさに「ひとつ先の贅沢。」です。

きっと日本の猫に好んでもらえるものになったのではと思っていますので、ロニーをご利用頂いています方や、まだ弊社をご利用頂いていない方々もエリザベスを是非ご利用頂きたいと思います。

パッケージはロニーと同じ新素材

パッケージはロニーと同じ新素材と食品用マジックテープEASY-LOCK TOUCH+を使用しています。

ロニー開発時の最初の袋の素材よりも酸素透過率、水蒸気透過率共に上がっていますのでより新鮮さのキープは出来ているはずです。

ご購入はこちら

まとめ

  • マッサンオリジナルのキャットフード第二弾は「エリザベスキャットフード」
  • グレインフリーキャットフード
  • サーモン、ニシンが41%、鶏肉類22.5%
  • 34種類の野菜、フルーツ、ハーブを使用
  • 合計42種類の原材料でバランスの取れた栄養素
  • ベルギー製造
  • 内容量は1.8kg
  • 人工保存料、着色料など気になる原材料不使用
  • パッケージも鮮度を保つこだわり
スギさん
スギさん

ロニーキャットフードに続いて第二弾、エリザベスキャットフードが2019年12月10日15時に発売されました!魚好きな猫が待ち望んだキャットフード!是非お試し下さい。

関連記事

LESSON レッスン

LESSON キャットフードについて LESSON ドッグフードについて

最近の記事

  1. ペットフードに使われるさつまいもについて。腸美人と言われ、食物繊維やでんぷん、ヤラピンが豊富な低GI食材

  2. ペットフードのビタミンKについて。K7まで7種類あり、血液凝固、骨粗鬆症や心臓病リスク低減などに必要な栄養素

  3. ペットフードの粗悪品とは?製造国や添加物、原材料で区別されるものではなく、どういった体制で製造されるかが重要

インスタグラム

スギさん

新婚さんで妊娠中。子どもができたことをきっかけに家族の健康について考え、10歳を超えた愛犬愛猫の健康も考えるようになった。現在犬猫の食事について勉強中!

エノおじさん

10匹以上の猫を飼っているお酒が好きな元気なおじさん。大量のキャットフードを購入することもあり、安価でありながら安全なキャットフードを探している。
TOP