ロニーキャットフード公式の口コミとマッサンによる解説!

マッサンオリジナルキャットフード「ロニーキャットフード」が完成しました!

ロニーキャットフード

コロナウイルス対策として、少しでも佐川急便、倉庫スタッフの作業量を減らすため、常時3袋送料無料となりました。

公式通販はこちら

名称ロニーキャットフード
内容量1.8kg
原産国ベルギー
原材料肉類(脱水鶏肉29%、鶏生肉20%、鶏たんぱく質9%、鶏脂8%)、エンドウ豆、ジャガイモ、亜麻仁、フレッシュサーモンオイル、マンナンオリゴ糖、ビール酵母、チコリ、乾燥全卵、南極オキアミ、ビルベリー、カウベリー、ペパーミント、タピオカ、リンゴ、ヒヨコ豆、ニンジン、ビタミン類(A、D3、E)、アミノ酸類(タウリン)、ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素、セレン)、モンモリロナイト、トマト、シナモン、ムラサキウマゴヤシ、ローズヒップ、カモミール、イラクサ、アニス、フェヌグリーク、マリーゴールド、ユッカシジゲラ、海藻、オレガノ、セージ、マジョラム、タイム、クランベリー、スピルリナ、パセリ、ナシ、ブルーベリー、マルベリー、オレンジ、サツマイモ
成分分析値粗タンパク質 36%、粗脂肪 20%、粗繊維 3%、粗灰分 8.5%、水分 9%、オメガ6脂肪酸 3.5%、オメガ3脂肪酸 0.6%、カルシウム 1.0%、リン 0.8%、マグネシウム 0.1%、ナトリウム 0.5%
代謝エネルギー約410kcal/100g

株式会社ヒューマルの代表取締役でマッサンこと松浦と申します。最近は通販生活やNyanConプロジェクトなど各種媒体でも顔を出して活動していますので知ってくださっている方もいるでしょうか。

苦節3年、そんな私のオリジナルキャットフードが完成しました!(2018年7月2日発売開始)

スギさん
スギさん

オリジナルキャットフードを作るなんて本当に凄いですね!

実は1年半前には製造まで進みかかったのですが、最終的に折り合いが付かず、工場を探し直したりでオリジナルキャットフード立案から3年もかかってしまいました。

スギさん
スギさん

3年!2015年位から取りかかり始めていたんですね。

企画立案から1年後には販売を想定して株式会社ヒューマルも設立しました。

コスト面もできる限り抑えたかったので、輸入代行など使わず、全てを把握できるようにキャットフード製造、パッケージ製造、輸出入業者の開拓、動物検疫や税関検査、販売事業者関連など全てひとりでトライしたことも時間が掛かったひとつの要因ですね。

スギさん
スギさん

全てひとりで行ったんですか!?

大事な愛猫が食べるものですから、自分でやってみないと責任を持って販売できませんよね。

もちろんひとりとは言っても、対日貿易投資交流促進協会(mipro)やその他海外ビジネス相談に相談したり、インターペットなどのフェアを活用したりしましたよ。

ある程度の知識がついてからはヨーロッパを実際に回って開拓してきました。

レシピはペットフード製造のプロである工場の獣医師、栄養士や製造スタッフと相談しながら理想のレシピを作りました

スギさん
スギさん

それで時々イギリスやベルギー、フランスに行っていたんですね!

多くの困難がありましたが、ようやく完成までこぎつけることができました。

キャットフードの学校だけでなく、キャットフードを探して様々なサイトを見てフードを探している飼い主の皆さんの代表のつもりで、自信を持って作っています。

ロニーキャットフードの名前の由来

スギさん
スギさん

早くどんなキャットフードか知りたいです!

ありがとうございます。マッサンオリジナルキャットフードとしての第1弾キャットフードとして、

「ロニーキャットフード」

の販売を開始します。

スギさん
スギさん

ロニーキャットフード!名前の由来はなんですか?

私たちがヨーロッパの動物愛護施設を訪れた日に新しい家族と出会えた猫の名前からつけました。なので向こうではロニーという名前は男の子の名前がついたキャットフードって印象になるみたいですよ。日本だとハルトとかユウマとかそんな感じかもしれませんね!

スギさん
スギさん

可愛い名前ですね!どんなテーマで作られたんですか?

「全ての猫にとって愛のある最高の食事を」という気持ちが込められています。高品質な原材料を厳選し、栄養バランスや消化吸収、食感、匂い、味まで全てにこだわって製造しました。

この説明では他のキャットフードと違いがないかもしれませんね(笑)実際にこだわった部分を解説していきたいと思います。

グレインフリーで鶏肉だけで66%使用、脱水鶏肉を使用

まず第一に、ロニーキャットフードは穀物を使用しないグレインフリーキャットフードのレシピです。

スギさん
スギさん

日本にもまたひとつグレインフリーキャットフードが誕生しましたね!

ディハイドレイテッドチキンと鶏生肉を使用

グレインフリーとして重要な主原料はチキン(鶏肉)を使用しました。更にこだわりのひとつとして、ディハイドレイテッドチキン(脱水鶏肉)と鶏生肉を使用しています。

ディハイドレイテッドチキンとは?低温でゆっくり脱水して栄養価を保った脱水鶏肉

スギさん
スギさん

脱水鶏肉使用は凄いですね!

ディハイドレイテッドチキンは最近注目されてきています。消化吸収率の高さや、本来鶏肉が持っている栄養価をできる限り損なわないように脱水された鶏肉で、是非とも使用したいと考えていた食材です。

チキンの配合量は66%。消化吸収率の高いタンパク質をしっかりと猫の体内で活用してもらえるように考えています。

スギさん
スギさん

高タンパク高脂質なキャットフードですか?

粗タンパク質36%、粗脂肪20%と私の考えではちょうどいい配合になっていると思います。

40%を超えるような高タンパクではありませんが、日本で暮らす猫にとって十分なタンパク質、粗脂肪ではないでしょうか。脂肪は高脂質というほどではないかと思います。

猫が食べる可能性のある34種類の野菜、フルーツ、ハーブを配合

ロニーキャットフードはまず猫の健康について根本から見つめ直しています。

肉食食性動物である猫は植物は食べないと考えられがちですが、草食動物の胃の中の植物を積極的に摂取しています。となると猫も一定量の植物を食べるので、生きる上で食べる可能性のある植物を探すことから始めました

スギさん
スギさん

猫が食べる可能性のある植物!そうなると猫が捕食する可能性のある草食動物が食べている植物ってことですか?

猫は多くの地域にいますので地域ごとに食べる可能性のある植物は変わります。全てを調べることは難しいのでペットフード製造のプロである工場スタッフと相談しながらキャットフードに配合することが可能な植物を選定しました。

結果的に34種類の野菜、フルーツ、ハーブを配合することになりました。

スギさん
スギさん

34種類も!凄い数ですね!

原材料の選定基準

選定基準としては、工場には今まで使用してきて安全が担保されている原材料リストがあります。この中で猫科の動物が食べる可能性のある植物にプラスして、成分に合わせて工場おすすめの原材料を選択しました。

例えばスピルリナは猫科が食べていた可能性はほぼないと思いますが、豊富な栄養成分と使用実績から選択しています。

多くの原材料を選択した理由

例えば同じビタミンであっても、Aという作物とBという作物両方から摂取できるのであれば、Aだけから摂取するよりも猫の食育という面ではメリットがあります。

これは、「同じ成分になるなら結局同じなのだから、原材料は色々使わなくてもいいのではないか」という議論になることがあります。

これはその対象が人になった時、人にも同じことができるか?ということに尽きると思います。

ドライフードは原材料で足りない栄養は栄養添加物で補っています。このため本当にシンプルな原材料であっても、栄養添加物で総合栄養食にすることが可能です。

スギさん
スギさん

人でいえば、基本お米など最低限のものだけ食べてあとは全てサプリで補うような形になりますね…

猫の食育を考えた時、可能な限り豊富な原材料から得ることができる栄養素を摂取することは重要であると考えています。

成分バランスを考慮

猫科の動物が食べる可能性のあるものはまだまだありましたので、配合するだけであれば実際にはもっと多くの原材料を使用することができましたが、成分バランスが取りにくくなってきます。このため成分バランスに合わせて抜き差しした原材料もあります

安定して仕入れられる原材料

また原材料は増えれば増えるほど調達コストがかかること、また価格の安定性も損なわれてきます。こうした点から、安定して仕入れられるものという点もひとつの選択指標となっています。

このように

もちろん草食動物から摂取する分だけなので、自然に合わせて配合量はかなり少なく抑えていますが、バランスの良い食事を目指しました。

トータル41種類の原材料でバランスのいい食事を

34種類の野菜、フルーツ、ハーブ以外に7種類の食材を使用、合計41種類の原材料が使われています(栄養添加物含まず)。

スギさん
スギさん

41種類もですか!

私がこだわった結果ですが、製造スタッフと相談しつつ、最終的にここまでの数になりました。

肉類66%(脱水鶏肉29%、鶏生肉20%、鶏たんぱく質9%、鶏脂8%)

エンドウ豆ジャガイモ亜麻仁、フレッシュサーモンオイル、マンナンオリゴ糖、ビール酵母、チコリ、乾燥全卵、南極オキアミ、ビルベリーカウベリーペパーミントタピオカリンゴヒヨコ豆ニンジン、ビタミン類(A、D3、E)、アミノ酸類(タウリン)、ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素、セレン)、モンモリロナイト、トマトシナモンムラサキウマゴヤシローズヒップカモミールイラクサアニスフェヌグリークマリーゴールドユッカシジゲラ海藻オレガノセージマジョラムタイムクランベリースピルリナパセリナシブルーベリーマルベリーオレンジサツマイモ

※オレンジ色が34種類の野菜、フルーツ、ハーブ

スギさん
スギさん

主原料の鶏肉に徹底的にこだわって、さらに野菜、フルーツ、ハーブでバランスのいい食事なんて、人の食事と全く同じようですね!

飼い主が気になる不使用の原材料

多くの飼い主が気になっている原材料は全て使用していないと言っていいのではないかと思います。

  • 合成保存料不使用
    ※ビタミンE、クエン酸を使用
  • 合成酸化防止剤不使用
  • 着色料不使用
  • 香料不使用
  • 遺伝子組み換え食材不使用
  • 中国産原材料不使用
  • 穀物不使用
  • 乾燥肉不使用
    ※鶏生肉、脱水鶏肉を使用
  • 原材料の不明な動物性油脂不使用
    ※鶏脂、サーモンオイルを使用

不明確な原材料は使用しないように工場と相談して原材料の選定、製造方法の検討をしました。

スギさん
スギさん

私が気になっている原材料の全てが不使用で、とても明確ですね!

ミネラル、多価不飽和脂肪酸のバランス

カルシウム:リン:マグネシウム

ミネラルのバランスとして、カルシウム:リン:マグネシウムのバランスが気になっている方が多いと思います。

カルシウム:リン:マグネシウム=1.0:0.8:0.1

と最良のバランスに設定されています。

オメガ6脂肪酸:オメガ3脂肪酸

多価不飽和脂肪酸のバランスは皮膚被毛にいいとされるバランスに設定しました。

オメガ6脂肪酸:オメガ3脂肪酸=5.83:1

安心できる製造環境

工場倉庫

スギさん
スギさん

製造環境について気になっている方もいるかと思います。

ロニーキャットフードはベルギーの工場で製造しています。

ヨーロッパ最大の工場のひとつで、数多くのペットフードを製造しています。その安全性の高さからスーパーのオリジナルブランドからマニアックなブランド、日本で販売されている大手メーカーのブランドまで任されて製造されている工場です。

もちろんそれだけの規模の工場なので安全性を示すものとして食品安全管理の規格であるBRC認証、IFS認証を取得しています。これは人間の食品安全の規格です。

マッサン自身で初回ロットの製造工程を確認

それら工場自体の安全性に加えて、初回ロットの製造は私自身がベルギーの工場に行き、一部の原材料の到着から加工、製造までを確認してきました。

スギさん
スギさん

マッサン自ら確認したんですね!

やっぱり見ないとわからないですよね。認証自体は素晴らしいものですし、認証に更新も必要なので食品安全が守られていることはわかるのですが、目で見ないと実態としてどういうものかを認識するのはなかなか難しいので、ベルギーまで行って確認してきました。

向こうで保管される際の倉庫も確認し、更に今後製造されるかもしれない他の国(フランスなど)にある工場も視察してきました。

スギさん
スギさん

作ったところ以外でしかも国も違う工場もですか!抜かりないですね!

食品なので自信を持って安心して届けたいですね。

充実の内容量1.8kg

アンケートを取ったところ、「1.5kgでは1か月もたない」という声が多く上がりました。

計算してみるとキャットフードによって違いはありますが、例えば猫の平均体重4kgでだいたい1日60gとすると31日で約1.8kg位必要になるんですね。55gとしても1.7kg程度必要です。

更にキャットフードは残したりこぼしたりして廃棄分が必ず少しは出ます。

そこでロニーは1か月でできる限りなくなることがないような内容量の1.8kgとしました。

スギさん
スギさん

もし残ってしまったらどうすればいいですか?

保存に問題がなければもちろん食べられますが、開封後一か月するとどんなキャットフードでも匂いがなくなってきていることに気付くかと思います。できるだけ新しいキャットフードを与えてあげてください。

開封済みのキャットフード・ドッグフードの賞味期限は?余ったフードの寄付や購入サイクルも紹介

ロニーキャットフードの価格

スギさん
スギさん

これだけこだわって内容量も増やしていたらコストは上がりますよね?

1.5kgから考えて2割り増しになるので、1.5kgから1.8kgに増量というのはインパクトが少ないようにも見えますが、コスト的にはかなり上がります。

スギさん
スギさん

2割り増しでは販売価格が4,000円だとしたら800円も上がってしまいますね…

ただしコストが上がったら意味がないというのが私の考えです。

いい食事も続けないと意味がないんですね。そこで価格比較なんかをしてもらえればわかりますが、1.8kgでこの原材料としては割安の価格設定になっています

ロニーキャットフードの価格(1.8kg)

  • 単品購入:4,300円(税抜)
  • 定期購入:3,870円(税抜)

1.5kg換算の場合

  • 単品購入:3,583円(税抜)
  • 定期購入:3,225円(税抜)

1kg換算の場合

  • 単品購入:2,389円(税抜)
  • 定期購入:2,150円(税抜)

もうこれ以上下げられないという価格に設定しました。

正直なところ、この原材料と製造・輸入・保管・国内輸送コストを考えると私の希望価格としては1kg換算3,000円位、1.8kgなら5,400円位なのですが、その金額では購入に躊躇するかと思いますので、結果的に製造、輸入などの開拓を全て私ひとりでやることで単価コストを私の希望価格から単品価格で約20%、定期価格で約30%下げました。

スギさん
スギさん

それで全部ひとりで行ったんですね!

販売体制は私ひとりでは限界がありますので、会社としてチームを組んで行っていますが、破綻しないように是非定期購入でマッサンペットフーズを助けてもらえたらと思います(笑)

マッサンペットフーズの最初の一品ということもあり、導入品としても手に取りやすいように価格を抑えることには尽力しました。

「猫にも食育を。」がロニーキャットフードのテーマ

猫が家族と同じ存在であることは私自身とても感じていることのひとつです。

「食育」とは、様々な経験を通じて、「食」に関する知識と、バランスの良い「食」を選択する力を身に付け、健全な食生活を実践できる力を育むことです。

出典:政府広報オンライン

猫は本来様々な経験を通じて食に関する知識を本能的に持っていたと考えられます。しかし飼い猫の場合はその食育をはかることは飼い主にしかできません。

実際に飼い主全てが食に関する知識を持って、バランスのいい食事を与えるということはとても難しいことです。そこで、

  • 食に関する知識を「マッサンのキャットフードの学校」
  • バランスの良い食を「マッサンペットフーズ」

で、猫の食育、健全な食生活を実践できるのではないかと考えたことが始まりです。

そのスタートがロニーキャットフードであり、今後更に猫の食育をはかることに注力し、知識の共有や商品の開発を行っていきたいと考えています。

パッケージにもこだわり

実はパッケージにもこだわりがあります。

ジッパー部分

まずはジッパー部分です。毎日のことなので、開封した後に封ができないと本当に面倒ですよね。私自身とても面倒くさがりなので、止めるものがない時はんん!ってなります(笑)

スギさん
スギさん

輪ゴムやクリップが見つからない不便さはどのパッケージにも言えますよね…

そこで開口部にはEASY-LOCK TOUCH+を採用しました。これは食品用マジックテープジックのジッパーで直感的に、弱い力でもしっかり閉めることができます

密封するものではありませんが、鮮度保持能力はスタンダードジッパーとほとんど変わりません。閉めた後に中の空気を抜くことができます。これは海外では主流の考え方で、封を閉めた後に中の空気を押し出してあげれば、袋は勝手には膨らまないので、空気が入ってくることはほとんどなく酸化も最小限に抑えられるという考え方です。

マジックテープ部分が製品の粉などで汚れた場合でもしっかり機能します。そして非常に頑丈でシングルジッパーのように一箇所破損すると閉まらないということがないことも大きなポイントでした。

スギさん
スギさん

ペットフードで使われている実績はありますか?

このジッパーは特許ですので、同じものが多くの製品で使用されています。違いがあるとすればバージョンの違いでしょう。

海外ではかなりのペットフードに使用されています。最近は日本でも使われるようになってきたので見たことがある人もいるかもしれません。

ペットフード以外でもチーズやシリアル、ドライフルーツ、プレッツェルやココアなどの食料品やお菓子、そして冷凍にも強いため、冷凍食品にも使われています。

こうしてロニーはフード以外にも鮮度を保つために細部までこだわっています。

袋のオリジナル素材を開発

マッサンペットフーズのペットフードの袋は弊社オリジナル素材を使用しています。

イギリスの袋メーカー、スペインの材料メーカーと相談して、酸素透過率、水蒸気透過率を可能な限り抑えた素材を開発しました。

このパッケージでより新鮮さを保ったフードをお届けしてまいります。

公式通販はこちら

まとめ

  • マッサンオリジナルのキャットフードは「ロニーキャットフード」
  • グレインフリーキャットフード
  • チキンだけで66%
  • 34種類の野菜、フルーツ、ハーブを使用
  • 合計41種類の原材料でバランスの取れた栄養素
  • ベルギー製造
  • 内容量は1.8kg
  • 人工保存料、着色料など気になる原材料不使用
  • パッケージも鮮度を保つこだわり
スギさん
スギさん

遂にマッサンオリジナルキャットフードが完成し販売が開始されました。今販売されている高品質キャットフードの中でも最高クラスのキャットフードだと思います!自信を持っておすすめします。

関連記事

LESSON レッスン

LESSON キャットフードについて LESSON ドッグフードについて

自分で作りたい方はこちら

ペットレシピ.jp

最近の記事

  1. 犬猫動物の修正アトウォーター係数とは?手作りペットフードの栄養成分値の計算で知っておくと良い

  2. キャットフードのアラキドン酸について。皮膚被毛、腎機能と関連し、特にシニアは摂取推奨の必須脂肪酸

  3. ペットフードのアルギニンとは?癌の成長を妨げる、アンモニアを尿素に変換、血管拡張などの働きがある

スギさん

新婚さんで妊娠中。子どもができたことをきっかけに家族の健康について考え、10歳を超えた愛犬愛猫の健康も考えるようになった。現在犬猫の食事について勉強中!

エノおじさん

10匹以上の猫を飼っているお酒が好きな元気なおじさん。大量のキャットフードを購入することもあり、安価でありながら安全なキャットフードを探している。
TOP