防腐剤のソルビン酸カリウムとは?ペットフードにも使われる世界で最も使われている保存料

ソルビン酸カリウムとは

微生物が増えるのを抑えるために使われる化学合成による添加物がソルビン酸ですが、水に溶けにくいため、ソルビン酸カリウムがよく使われます。

ソルビン酸カリウムの効果はソルビン酸よりも劣りますので、使用対象物に合わせた選択もされています。どちらも細菌、カビ、酵母への抗菌力は非常に高いですが、乳酸菌への抗菌力は若干弱いです。

ソルビン酸カリウムは防腐剤としてハム、ソーセージ、フラワーペースト、煮豆、ジャム、チーズ、ワインなど多くの食品に使われています

参考:ソルビン酸(Sorbic acid )、及びカリウム塩(Potassium Sorbate)について(株式会社ウエノフードテクノPDF)

スギさん
スギさん

私たちは常日頃から摂取している防腐剤なんですね。

ソルビン酸カリウムの食品添加物の指定は1960年から

日本では1960年にソルビン酸カリウムが食品添加物の指定を受けています。

世界的にはなんと1939~40年にソルビン酸の防腐作用がアメリカ、ドイツで発見されています。アメリカではソルビン酸が防かび剤として特許を得ています。日本でも1955年にソルビン酸が食品添加物として指定を受けています。

スギさん
スギさん

とても前から使われているんですね!私が生まれる前からです。

ソルビン酸は脂肪酸の一種で、体内に存在する脂肪酸と同じように、最終的に二酸化炭素と水にまで分解されるとされています。

スギさん
スギさん

そうなると危険性はなさそうですね?

ソルビン酸カリウムの安全性

人においてソルビン酸及びソルビン酸カリウム、ソルビン酸カルシウムのグループの制限値(ADI)はソルビン酸として25mg/kg体重/日とされています。アメリカではGRAS(一般に安全が認められている)として砂糖などと同じように制限はありません。

ソルビン酸カリウムは急性毒性、亜急性毒性、変異原性、慢性毒性発がん性が試験されています。

人におけるADIと摂取量について

ソルビン酸のグループとしてのADIは25mg/kg体重/日(ソルビン酸として)

体重50kgの人の場合、ソルビン酸を1日に1250mg摂るとADIに達する

使用基準の上限のソルビン酸量が添加されたハムを1日に625g食べた場合ADIに達するが、ソルビン酸の使用基準上限値のハムが出回ることは考えられない。また、ハムを1日625g、毎日食べ続けることは至難の業である。

人が食品からソルビン酸を摂取すると考えられる量は0.13mg/kg/日であり、ADIの0.51%程度

出典:食品添加物のリスク評価 食品安全委員会

ペットフード安全法で使用基準は設けられていない

さて、人に対する影響やADIなどを見てみましたが、ペットフードに関しては使用基準が設けられていません

スギさん
スギさん

え!それでも使われているんですか?

ソルビン酸は多くのペットフードに使用されていますが、ペットフード中のソルビン酸によるペットの健康被害は確認されていません

これは毒性が低いことが明らかであり、通常の製造に使用する量ではペットの健康に影響しないと考えられるため、基準値は設定しないとされています。

ソルビン酸カリウムと亜硝酸ナトリウムの関係

ネット上にはソルビン酸カリウムは亜硝酸ナトリウムと反応して発がん物質に変化するという記述が見られますが、それは特殊な実験条件下であり、通常条件下では健康に対する危険の原因はないものとして内閣府食品安全委員会もこれを妥当としています。

状況が特殊なため、実際に食品中や人の体内で発がん性が生じるようなことは起こらないとされています。

参考:週刊新潮 5 月 24 日号によるソルビン酸関連記事について(外部サイトPDF)

また犬猫が亜硝酸ナトリウムを多く摂取するとメトヘモグロビン血症を起こし死亡します。このため基準値が定められています。結果、亜硝酸ナトリウムによるペットの健康被害は確認されていません。

まとめ

  • ソルビン酸カリウムは古くから使われている防腐剤
  • アメリカでは砂糖などと同じで制限なし
  • 世界で一番多く使われている保存料
  • ペットフードには使用制限なし
  • ソルビン酸カリウムと亜硝酸ナトリウムは通常条件下で健康に対する危険の原因はない
スギさん
スギさん

ソルビン酸カリウムは世界で最も使われている保存料として、私たち人は当たり前のように摂取している防腐剤です。多くのペットフードにも使用されています。ソルビン酸が危険であるかどうかは各飼い主が判断できるようにしていきましょう。

関連記事

LESSON レッスン

LESSON キャットフードについて LESSON ドッグフードについて

最近の記事

  1. ペットフードに使われるさつまいもについて。腸美人と言われ、食物繊維やでんぷん、ヤラピンが豊富な低GI食材

  2. ペットフードのビタミンKについて。K7まで7種類あり、血液凝固、骨粗鬆症や心臓病リスク低減などに必要な栄養素

  3. ペットフードの粗悪品とは?製造国や添加物、原材料で区別されるものではなく、どういった体制で製造されるかが重要

インスタグラム

スギさん

新婚さんで妊娠中。子どもができたことをきっかけに家族の健康について考え、10歳を超えた愛犬愛猫の健康も考えるようになった。現在犬猫の食事について勉強中!

エノおじさん

10匹以上の猫を飼っているお酒が好きな元気なおじさん。大量のキャットフードを購入することもあり、安価でありながら安全なキャットフードを探している。
TOP