オーラルケア(口内)用キャットフード・ドッグフードについて。便利なおやつやフード、選ぶ時の注意点を紹介

オーラルケア(口内)とは

オーラルケアとは口内を清潔にし、健康を保つことです。人間でいえば毎日の歯磨きに当たります。

犬や猫の口内ケアに関して気にしたことがある人は少ないかもしれません。

しかし犬猫も口内ケアを怠れば最悪の場合は歯周病で顎の骨が折れてしまうところまで進んでしまいます

その頃には口臭も酷く、顎が痛くて食べ物もほとんど食べない状態になっているはずです。

スギさん
スギさん

歯周病で顎が折れるんですね…

これを防ぐために普段から口内ケアを行う必要があります。

若い時からやっていれば猫も嫌がらずに口内を触らせてくれるようになりますので、飼い主には継続して行う根気も必要です。

歯周病

口内環境改善に関してはこちらの記事も参考頂けます。

猫の歯周病と歯磨きの大切さ。キャットフードを食べないのは顎が原因?デンタルケア用品にも注意

歯周炎であればまだ治療することが可能です。しかし歯周病になってしまったらもう元に戻すことができません。

こうなる前に日々のオーラルケアが大切です。

オーラルケア(口内)対策

歯磨き

一番は歯磨きです。

猫の場合は成長してからでは口内を触らせてもらうことは非常に難しいと思います。このため子猫の時から口内を触る習慣を付けてください。

犬の場合は猫よりは容易でありながらも、子犬の時から行わないと全く受け付けない子もいますので早期から対策することが大切です。

歯ブラシになれてくれれば歯磨きができるようになります。

オーラルケア用おもちゃ

主にメインは犬用となり、猫用は数が少ないですが噛むことで歯垢を取るおもちゃがあります。

柔らかく優しいおもちゃ

まゆや紐など柔らかいものを噛ませて歯磨きをさせるおもちゃがあります。噛んでいる時に引っ張ると危険ですが、噛み噛みするだけなら歯磨きに有効だと思います。

固いものは使わないで

これらも有効ですが、注意することとして固いものは使わないで欲しいということです。例えば固い蹄やガムなどです。

これはペットの口内環境について非常に詳しい獣医師さんからの話ですが、ガリガリと楽しんで噛んでいるように見える場合でも、固いもののほとんどは口内にダメージを与えてしまうということです。

こうしたおもちゃで遊ぶのは主に犬ではありますが、歯が折れるケースもあります。

ボールやフリスビー

主に犬ですが、歯という観点から見るとボールやフリスビーは歯を摩耗させ、歯冠が削れたり、歯が破折することがあります。

オーラルケア用キャットフード・ドッグフード

オーラルケア用のキャットフード・ドッグフードが一番取り組みやすいオーラルケアです。

噛むことで歯の周りに付着している歯垢を除去し、歯周炎を防ぎます。

よく噛むように設計されていたり、噛んでもすぐに割れないで歯が真ん中に刺さることで歯垢を取るようにできているものなど、歯垢に対するアプローチ方法が違うものもあります。

総合栄養食や歯磨き専用スナックなど

オーラルケア用ペットフードは総合栄養食だけでなく、歯磨き専用スナックなども販売されています。

デンタルスプレーやジェル

デンタルスプレーやジェルはドライマウス対策や歯磨き入門にも最適で、歯磨きを嫌がったり、歯周病が進んで口内が荒れて痛がるような場合にも上手に使用すれば有効です。

ただしデンタルケア製品でアルコール入りのスプレーがありますが、基本的には使用すべきではないという話を確認しました。

オーラルケア用キャットフード、デンタルスプレー、ジェル

ロイヤルカナン オーラルケア(猫用)

created by Rinker
ロイヤルカナン
¥1,700 (2022/05/17 00:17:10時点 Amazon調べ-詳細)
  • <オーラル ケア>のキブル(粒)の大きさ、食感、形は猫が食べるスピードを遅くし、よく噛むように特別に設計されています
  • 猫が時間をかけてよく噛むことでブラッシング効果を促し、歯についた歯垢・歯石の蓄積を抑えるサポートをします。また、歯の健康維持のためにポリリン酸ナトリウムを配合
  • <オーラル ケア>のみを28日間使い続けることにより、新たな歯石の形成が約59%*軽減されました

引用:ロイヤルカナン オーラルケア

オーラルケア用キャットフードの多くはよく噛むように設計されています。繊維質を豊富にして、噛むことで繊維が歯垢を取り除きます。また、合わせて歯の健康にいい栄養を配合しています。

ロイヤルカナン ミニデンタルケア(犬用)

created by Rinker
ロイヤルカナン
¥3,142 (2022/05/16 17:36:23時点 Amazon調べ-詳細)
  • 噛むたびに歯が磨かれるように設計された特別なキブル(粒)
  • 歯垢の付着を抑え、口内を清潔に保ちます

引用:ロイヤルカナン ミニデンタルケア

デンタルケア用ドッグフードは噛めば噛むほど歯が磨かれるように設計されています。よく噛む設計がロイヤルカナン調べでは歯石形成を-69%軽減することができます。

デンタルジェル

犬猫両方使えるジェルはライオンのPETKISS ベッツドクタースペック デンタルジェルやオーラティーン デンタルジェルがよく使われているように思います。

ライオンは嗜好性が選べ、オーラティーンは嗜好性が高く設定されています。

犬猫が嫌がらないような工夫をしつつ、少しでも歯磨きを嫌がらないような工夫がされています。

デンタルスプレー

デンタルスプレーもライオンのPETKISS ベッツドクタースペック オーラルスプレーがよく使われているように思います。

私はこの手の製品にとても詳しいわけではないのですが、そのような人でも大手製品なので目にしやすい、置いて有りやすいという利点があるかもしれません。

まとめ

  • ペットが口内を触られるのを嫌がらないように、小さな頃からオーラルケアを進める
  • 歯磨きが一番効果的
  • オーラルケアグッズで固いものは使わない
  • オーラルケア用キャットフードも併用する
スギさん
スギさん

オーラルケアの中で一番注意するべき点は固いものを使わないということのようです。折角のオーラルケアで歯が折れたり、口内にダメージが残っては残念です。愛猫が長生きし、健康を保つためにも口内環境は継続して観察しておきましょう。

関連記事

LESSON レッスン

LESSON キャットフードについて LESSON ドッグフードについて

最近の記事

  1. ペットフードのクエン酸について。pH調整、保存料の効果向上、嗜好性向上に使われる酸味料

  2. ペットフードのビタミンEについて。抗酸化作用は天然ビタミンEにあり!合成との違いも解説

  3. ペットフードのビタミンAについて。視覚や粘膜、骨や皮膚、抵抗力などに影響するビタミン!犬は過剰症に注意

スギさん

新婚さんで妊娠中。子どもができたことをきっかけに家族の健康について考え、10歳を超えた愛犬愛猫の健康も考えるようになった。現在犬猫の食事について勉強中!

エノおじさん

10匹以上の猫を飼っているお酒が好きな元気なおじさん。大量のキャットフードを購入することもあり、安価でありながら安全なキャットフードを探している。
TOP