ミートミールとは?種類が限定されていない様々な哺乳動物の乾燥肉

ミートミールとは?

「ミートミール」を直訳すると「肉粉」になります。

原材料によく使われている乾燥肉は肉を乾燥させて粉状にしたものです。乾燥する工程で一定の栄養素は失われていますが、中にはタンパク質などは凝縮されて生肉よりも豊富に含んでいるものもあります。

この肉粉がミートミールです。

ミートミールの危険性

必ずしも危険だと危険性を煽るわけではありませんが、ミートミールの危険性は知っておいてもいいのではないかと思っています。

ただしミートミールだからといって必ずしも悪いものばかりではないと知った上で読んでみてください。

ミートミールは何の肉かわからない

ミートミールという表記がされていた場合は何の肉を使用しているかがわかりません。

ここで日本でも参考にされているAAFCOの定義を確認してみます。

Meat Meal is the rendered product from mammal tissues, exclusive of any added blood, hair, hoof, horn, hide trimmings, manure, stomach and rumen contents except in such amounts as may occur unavoidably in good processing practices.

出典:AAFCO

これを訳すと、「ミートミールは、血液、毛、蹄、角、皮、糞尿、胃、及び第一胃の内容物を除いた、哺乳動物組織から得られるレンダリングされたもの」となります。

The rendering process is designed to destroy disease-causing bacteria, leaving an ingredient high in protein that while unappetizing to people appeals to the carnivore’s palate. Unlike “meat” and “meat by-products,” this ingredient may be from mammals other than cattle, pigs, sheep or goats without further description. However, a manufacturer may designate a species if appropriate (such as “beef meal” if only from cattle).

出典:AAFCO

「このレンダリングプロセスは病気の原因となる細菌を壊すように設計されています。人間には食欲はわかないが、肉食動物の味覚に訴えるように多くのタンパク質を残しています。ミートミールは肉や肉副産物とは異なり、牛、豚、羊、ヤギ以外の哺乳動物でもいいとされています。製造業者は適切な表記として種類を指定する場合があります。例えば牛肉のみの場合はビーフミールといった表記です。」

つまり哺乳動物ならなんでもいいということになります。

ただし時々毛や骨まで全て含まれていると書かれているサイトも見られますが、ミートミールの定義としては「血液、髪、蹄、角、皮、肥料、胃、及び第一胃の内容物を除いた」とされています。

しかしこの辺りは難しく、あくまでAAFCOの定義なので、この通りでなければいけない理由はないのが本当のところです。

家禽ミールは鳥類

またAAFCOの定義では哺乳動物であり、鳥類は含まれていません。鳥類に関するミートミールと同じような言葉としては家禽ミールという表記があります。

スギさん
スギさん

ミートミールは哺乳動物、家禽ミールは鳥類なんですね。

家禽ミールとは?清潔な肉と皮、骨を使用した鳥類の乾燥肉だった

また原材料となる動物の状態についても明記されていません。

病気で亡くなっていたり、障害があったり、死亡後腐敗していたり、町で轢死した動物であったり。こうした動物を原材料として使用することは現実にあった(ある?)話です。

スギさん
スギさん

ここまで定義してそこを書かないということは、定義できない何かがあるんでしょうか。心配が残りますね。

BSE(狂牛病)の原因になる可能性

ミートミールには狂牛病の原因になる可能性があります。詳しくは以下記事でお話していきます。

肉骨粉とは?狂牛病の原因と言われ、牛由来の肉骨粉には注意

4Dミート

4Dミートとは以下のような肉として扱うには難しい状態の動物の肉です。

  • Dead→死骸
  • Deseased→病気
  • Dying→瀕死
  • Disabled→障害

このとき区別するべき点として、ミートミールが必ずしも4Dミートではないということです。

4Dミートはミートミールとよく引き合いに出されますが同じものではありません。ただし使われている可能性はあります。

○○ミール

AAFCOのミートミールの説明から「製造業者は適切な表記として種類を指定する場合があります。例えば牛肉のみの場合はビーフミールといった表記です。」というようにより適切な表記として○○ミールという表記を使用するようになっています。

基本的な考え方としてはチキンミールとあれば乾燥鶏肉、フィッシュミールは乾燥魚と乾燥粉末肉と考えるのがいいと思います。

スギさん
スギさん

4Dミートである可能性はありますか?

正直なところ定義も規制もないので、絶対4Dミートではないとは言えません。しかしミートミールよりも信頼性が高いものであることは言えます。

更に細かく表記しているメーカーもあります。例えば新鮮鶏肉、生鶏肉といった表記です。表記からより安全性を高めたい場合にはこうした製品を選ぶのもひとつの選択です。

まとめ

  • ミートミールは肉粉のこと
  • ミートミールが必ずしも悪いものとは限らない
  • ミートミールに血液、毛、蹄、角、皮、糞尿、胃、及び第一胃の内容物は含まれない
  • ミートミールは多種類の哺乳動物が原材料
  • より適切な表記として種類を指定したチキンミールなどの表記を行う
  • ミートミールが必ず4Dミートを使っているわけではない
スギさん
スギさん

ミートミールは高温殺菌、化学殺菌処理がされた肉粉なんですね。安価でタンパク質が豊富という特徴があります。ただし何の哺乳動物を使用しているか、それらの動物がどんな状態だったかの定義はありませんので、定義としてはあいまいな部分が多いものとなっています。ミートミールだから必ずしも悪いものというわけではありませんので、納得の上で購入するようにしましょう。

関連記事

LESSON レッスン

LESSON キャットフードについて LESSON ドッグフードについて

自分で作りたい方はこちら

ペットレシピ.jp

最近の記事

  1. キャットフードのアラキドン酸について。皮膚被毛、腎機能と関連し、特にシニアは摂取推奨の必須脂肪酸

  2. ペットフードのアルギニンとは?癌の成長を妨げる、アンモニアを尿素に変換、血管拡張などの働きがある

  3. ペットフードのヒスチジンとは?神経伝達物質などの前駆体となる必要不可欠なアミノ酸

スギさん

新婚さんで妊娠中。子どもができたことをきっかけに家族の健康について考え、10歳を超えた愛犬愛猫の健康も考えるようになった。現在犬猫の食事について勉強中!

エノおじさん

10匹以上の猫を飼っているお酒が好きな元気なおじさん。大量のキャットフードを購入することもあり、安価でありながら安全なキャットフードを探している。
TOP