キャットフード・ドッグフードの難消化性デキストリンについて。食物繊維として糖分や脂肪の吸収を抑える

難消化性デキストリンとは

デキストリンとは芋やトウモロコシのデンプンを原材料として酵素や酸、熱処理を行い、加水分解してできる多糖類で水溶性食物繊維です。

水に溶けやすいでですが、長期間水溶液で保存しても濁らず、沈殿も生じず、耐酸性力があり、レトルト処理でも崩れることなく安定的で褐変しにくい素材です。参考:難消化性デキストリンの物性 農畜産業振興機構

分解を重ねると最終的にはブドウ糖になりますが、その途中に生成される糖分をまとめてデキストリンといいます。

このデキストリンは食品添加物ではなく食品になります。

基本的にデキストリンは粉末などの原材料をサラサラに均一に混ぜるために使われます。

スギさん
スギさん

混ぜるために使うものを難消化性にする必要はあるんですか?

デキストリンの中から難消化性のものだけを取りだしたものが難消化性デキストリンです。

デキストリンとは違い、難消化性デキストリンは食物繊維として利用されていて、特定保健用食品(トクホ)の30%以上に採用されています。

難消化性デキストリンの効果

難消化性デキストリンは水溶性食物繊維としての効果があります。

満腹感を与える

満腹感を与えるほどの量を使用することはあまりないと思いますが、水分を含んで膨らむため、満腹感は得やすくなります。

糖分の吸収スピードを抑える

食事中の糖分の吸収を抑え、食後の血糖値上昇を緩やかにします。

参考:ビーグル犬における難消化性澱粉の負荷試験成績 ペット栄養学会誌

脂肪の吸収スピードを抑える

脂肪の吸収スピードを抑えます。

犬猫と難消化性デキストリン

難消化性デキストリンやデキストリンは肥満、便通改善、糖尿病などの際には有効であると期待されていてサプリではよく使われています。

粉末タイプが主流で、デンタルガムに含まれた製品も見られます。

created by Rinker
¥2,400 (2022/05/16 17:11:24時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥900 (2022/05/16 17:11:24時点 楽天市場調べ-詳細)

色々な製品があるんですね!主にダイエット系で使いそうですね。

まとめ

  • 水溶性食物繊維である
  • 特定保健用食品(トクホ)の30%以上に採用されている
  • 糖分の吸収スピードを抑える
  • 脂肪の吸収スピードを抑える
  • サプリにもよく使われる
スギさん
スギさん

トクホにも採用されている機能性のある素材であることがわかりました。愛犬愛猫にも状態に合わせてサプリなどを併用するといいかもしれませんね!

関連記事

LESSON レッスン

LESSON キャットフードについて LESSON ドッグフードについて

最近の記事

  1. ペットフードのクエン酸について。pH調整、保存料の効果向上、嗜好性向上に使われる酸味料

  2. ペットフードのビタミンEについて。抗酸化作用は天然ビタミンEにあり!合成との違いも解説

  3. ペットフードのビタミンAについて。視覚や粘膜、骨や皮膚、抵抗力などに影響するビタミン!犬は過剰症に注意

スギさん

新婚さんで妊娠中。子どもができたことをきっかけに家族の健康について考え、10歳を超えた愛犬愛猫の健康も考えるようになった。現在犬猫の食事について勉強中!

エノおじさん

10匹以上の猫を飼っているお酒が好きな元気なおじさん。大量のキャットフードを購入することもあり、安価でありながら安全なキャットフードを探している。
TOP