ペットフードのアルギニンとは?癌の成長を妨げる、アンモニアを尿素に変換、血管拡張などの働きがある

アルギニン(Arginine)とは

アルギニンは必須アミノ酸です。アミノ酸はどれも似た働きをするものが多い印象があるかと思いますが、アルギニンはアンモニアを尿素に変換して排出する回路の中間体となり、大変重要な役割を担っています。

その他にも代謝時に出る一酸化窒素が心臓病などにも有益であると考えられています。

アンモニアを尿素に変換するアルギニン

アルギニンは有毒であるアンモニアを無毒な尿素に変換する回路の中間体です。中間体とは目標とする化合物までに複数段階の合成を繰り返す途中の化合物のことです。

このためもしアルギニンが不足した場合には高アンモニア血症になってしまいます。

特に猫で重篤な症状になりやすい

高たんぱくな食事にはアルギニンが豊富に含まれている傾向にありますので、総合栄養食を食べていて欠乏することは考えにくいことです。しかし特に猫の場合ではアルギニンを全く含まないフードを与えた場合、1時間以内に高アンモニア血症を生じるともされています。猫の方がより重症になりやすく、2~5時間後には死に至る場合もあります。

参考:イヌネコのライフステージと栄養 マークモーリス研究所

また先天的な理由や肝不全などでも起こるため、必ず原因がアルギニン不足とはいえません。

アルギニン代謝時にできる一酸化窒素の有用性

アルギニンは一酸化窒素の前駆体で、代謝される時に一酸化窒素ができます。一酸化窒素は血管を拡張させる働きや、腫瘍の成長を妨げる働きがあります。

癌に効果的なアルギニン

がんとアルギニンに関する情報は多く、腫瘍細胞の成長や転移を抑制するだけでなく、創傷治療も促進します。齧歯類ではアルギニンの非経口摂取で癌の成長率や転移率が減少したことも確認されています。

参考:がんを伴うイヌとネコの栄養管理法(PDFファイル)

アルギニンを含む食材

アルギニンは大豆、牛肉、鶏肉、卵、うなぎ、ニンニクなどに多いことがわかっています。

下記の表では大豆や小麦胚芽に含まれているようにみえますが、100gあたりの含有量ですので、実際に食べる量となるとやはりよく食べる肉類に豊富であることがわかります。

食品アルギニン(mg/100g)
全粒 黄大豆 国産2,900
小麦はいが2,800
そらまめ 全粒 乾2,400
ひよこ豆 1,900
若鶏 ささみ 生1,600
若鶏胸 皮なし 生1,500
あずき 全粒 乾1,400
牛もも 赤肉 生1,400
豚肩ロース 赤肉 生1,300
真鯵 皮なし 生1,200
あゆ 天然 生1,100
うなぎ 養殖 生1,100
めかじき 生1,100
牛肩ロース 赤肉 生1,100
豚もも 赤肉 生920
オートミール910
鶏卵 全卵 生840

参考:食品成分表2022(八訂)

アルギニンのペットフード含有量

AAFCOのドッグフードにおける基準値

AAFCO DOG FOOD NUTRIENT PROFILES BASED ON DRY MATTER

栄養素乾物ベース単位成長期&妊娠期
最小値
成犬の維持期
最小値
アルギニン%1.00.51

参考:AAFCO DOG FOOD NUTRIENT PROFILES(PDF)

AAFCOの基準では子犬、妊娠期は1.0%以上、成犬の維持期は0.51%以上となっています。

AAFCOのキャットフードにおける基準値

AAFCO CAT FOOD NUTRIENT PROFILES BASED ON DRY MATTER

栄養素乾物ベース単位成長期&妊娠期
最小値
成猫の維持期
最小値
アルギニン%1.241.04

参考:AAFCO CAT FOOD NUTRIENT PROFILES(PDF)

AAFCOの基準では子猫、妊娠期は1.24%以上、成猫の維持期は1.04%以上となっています。

まとめ

  • アルギニンはアンモニアを尿素に変換する
  • 欠乏すると猫で高アンモニア血症を生じやすい
  • 一酸化窒素は血管を拡張したり、腫瘍の成長を妨げる働きがある
スギさん
スギさん

特に猫にとってアルギニン不足は重篤になりやすく注意が必要です。とはいえ総合栄養食のペットフードを食べていれば問題になることはないと思います。がん治療などでも有効性が示されているので普段から摂取することを心掛けてもいいかもしれませんね。

関連記事

LESSON レッスン

LESSON キャットフードについて LESSON ドッグフードについて

自分で作りたい方はこちら

ペットレシピ.jp

最近の記事

  1. 犬猫動物の修正アトウォーター係数とは?手作りペットフードの栄養成分値の計算で知っておくと良い

  2. キャットフードのアラキドン酸について。皮膚被毛、腎機能と関連し、特にシニアは摂取推奨の必須脂肪酸

  3. ペットフードのアルギニンとは?癌の成長を妨げる、アンモニアを尿素に変換、血管拡張などの働きがある

スギさん

新婚さんで妊娠中。子どもができたことをきっかけに家族の健康について考え、10歳を超えた愛犬愛猫の健康も考えるようになった。現在犬猫の食事について勉強中!

エノおじさん

10匹以上の猫を飼っているお酒が好きな元気なおじさん。大量のキャットフードを購入することもあり、安価でありながら安全なキャットフードを探している。
TOP